menu

紅型(席札)

かつての琉球王国を代表する高貴な柄をモチーフとした席札

沖縄の代表的な工芸。かつての琉球王国の主に王族や士族の衣装として染められていた高貴な柄。艶やかな色彩で彩る紅型の模様が特徴。幸せの二人の門出をより引き立てます。金箔であしらった寿の文字と「琉歌」にはおふたりの門出を祝う祝福の詩が詠われています
「琉歌」とは・・・琉球時代に「和歌」が琉球に伝わり「琉球の歌」が「琉歌」と呼ばれる由縁です。特徴としては8・8・8・6調で三線にともない伴奏され同時に舞踊も伴ったといわれている。

img_4829フェリシア(席札)

shoutaijyou-224セシル(席札)

関連記事

  1. img_2588

    シェルフェイド(プログラム・メニュー・プロフィール・席札)

  2. kek_nameplate_top2

    kek nameplate2

    ヨーロピアンペーパーアイテム共通のハイクオリティ席札カラーは2種(ブラウン/ブルー)…

  3. img_2624

    ファクシン(プログラム・メニュー・プロフィール・席札)

  4. img_2580

    グラッシー(プログラム・メニュー・プロフィール・席札)

  5. img_1936

    友禅(席札)

    日本伝統の多彩な色彩と「友禅模様」曲線的で簡略化された動植物、器物、風景などの文様が特徴な席札で…

  6. img_2947

    rose bianka(席札)

    イタリアの紙が持つやわらかい白の紙に、薔薇の花柄をエンボスとパールの箔押しとリボンが可愛らしさを演出…

  7. shoutaijyou-098

    ルフレ(席札)

    「reflet(ルフレ)」とはフランス語で光沢、反射光、光の具合で変化する色合いという意味の言葉…

  8. img_1956

    振袖&留袖(席札)

    留袖&振袖の袖模様を特殊箔で贅沢に‥光沢のある高級紙に留袖&振袖の袖模様を何色もの特殊箔…

PAGE TOP